ナースのお仕事と言われてすぐに想像がつくイメージは人によってまちまちでしょう。世間一般の意見では「憧れの職業に就いた」「立派な仕事だ」「心優しい女性」等のイメージがほとんどなのではないかと容易に連想できます。
では今回は看護師の手当て額というのはおおよそいくらなんでしょうか?夜勤あり、夜勤なしで多少なりとも変わりますが平均的な看護師収入は年間で「430万円~480万円」ぐらいという噂です。月給で約27万円~30万円が12か月分にさらにプラスして6月と12月に支給されるボーナスとこのような内訳になります。
看護師とひとからげで言っても経験、資格、労働条件などにより様々ですが、必要な資格とスキルと言えばまず正看護師・准看護師などの国家資格やそのほかには看護師として勤務した実務経験とか患者さんや病院内スタッフとのコミュニケーション能力の有無で変化します。
そして実際に身につくこと・キャリアアップとしては、実際に勤務しながら経験を積み重ね、それとさらに自分がやりたい看護の仕事の分野がハッキリと見えてきます。
自分がなりたいと思うその分野の方向に沿うことによりもっと上の専門的なステップアップを実現することも可能となります。同じ看護分野でも自分の思う専門分野を極めることで、更なる月収のレベルアップにほぼ繋がります。
そして看護師の男女比率は9:1とほとんどが女性であると言えます。過去13年間における平均年収の変動を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であった額面が平成25年(2013年)で約472万円であることから過去から年収はほぼ変化していないという理解です。
平均時給では1966円の約2000円近い時給で実務をこなしていることから、それだけ看護師という仕事は安定しており、もっと言うと、人命にかかわるという必要不可欠な仕事と貴重なのです。
最後になりますが、自分のマスターしたい専門分野やキャリアアップを目指してかしこい職場選びを推奨します。そのためには看護師転職サポートサイトなどを活用しないと損をします。たくさんの求人情報を無料で閲覧でき、いろいろな相談にも乗ってくれます。
総合病院看護師求人情報はここ