少子化と言われているこの頃ですが、待機児童の多さと、保育士の少なさが気になります。

それだけ施設が少なくなっているということなのかも知れませんが、なぜ保育士が不足するのかはよく分かりません。

モンスターペアレントと呼ばれる非常識な親が増えたことで、保育士の仕事を敬遠する若者が増えているのかも知れませんし、仕事そのものに魅力を感じないのかも知れません。

不景気な時代だからこそ、やりがいや働きがいよりも給料を求める人が増えているような気がするし、仕方ない面もあるけど何とかならないのかなとも思ってしまいます。

また、子供の相手をするよりも、確実にこれから需要が伸びていく老人の相手をしたほうが食いっぱぐれないという考え方もあるのかも知れません。

介護の仕事がこれから増えていくことに間違いは無いと思いますけど、子供は国の力、若いパワーとふれあいたいと思う若者がもっと増えることを祈っています。

保育転職情報が紙面を賑わす時代だからこそ、お金よりもやりがいを求めて欲しいものですね。