妻の浮気の証拠が欲しい盗聴バスターズ代理店SLS
夫婦の間柄で、互いに相手の行動が気に掛かりだすきっかけがありますよね。何かにつけて外出してみたり、折に触れて車を使ってみたり、スマートフォンやガラケーを寝ても覚めても持っていたりと、いろいろ気になってしょうがないです。
一旦気になってしまうと、浮気しているのかもと、何の証拠もないにもかかわらず考えてしまって、落ち着いた日々を過ごすことが困難になります。精神的にこんな状況に陥ると良くありませんので、興信所ないしは探偵社に浮気調査を頼むのがいいです。

とは言っても、最近になって、テレビの報道番組の影響が大きいのか、興信所ないしは探偵社が乱立する傾向にあるのです。何がいいのかというと、依頼者であるあなたに、予想外の金銭トラブルが多発することになるのです。その傾向は、地域の個人の興信所ないしは探偵社に目立つようです。全国ネットで対応をする興信所や探偵社では、現在のところそんなトラブルを聞くことはありません。

もっとも目立つトラブルは、『成功報酬』を掲げている場合の報酬の定義が正確でないことです。
通常であれば、『成功報酬』というのは以下の定義です。
1.料金は初回に合意し、その後減額増額はしない
2.証拠が取れなければ報酬も諸経費も¥0
3.証拠のレベルが「裁判で勝利できる」レベルである時だけ報酬が発生

なのに、最近トラブルを引き起こす興信所または探偵社の独自理論は次のとおりです。
1.尾行だけでも成功すれば、証拠が得られなくても成功として料金を取る
2.調査結果で浮気はなかったが、報告としては成立するので成功として料金を取る
3.料金が初回決定金額を超えて、どんどん加算されてゆく。

完全成功報酬という売り込み文句で、いわば証拠が取れなければ料金がかからないと誤認識をさせて、実を言えばあれこれと料金を積み上げる事がトラブルの契機になっているのです。

当サイトがお勧めする探偵社ないしは興信所は原一探偵事務所です。長年培った信頼と実績とがイチオシの決定打になります。