革長財布の人気要因はそのデザインだけでなく、使っている革自体の丈夫さも影響します。長財布に使用される魅力的な革は●ブライドルレザー●コードバンレザー●マットーネレザーなどになります。革素材それぞれの持つ特徴などを比較してみましょう。
トップはブライドルレザーです。元々はブライドルレザーは馬具用に英国で生み出された革です。素材は牛革で、植物エキスのタンニンでなめした後、蜜蝋を何度も繰り返し塗り込んで繊維質を引き締めることで耐久性を与えているのです。
こういうふうに製造工程が複雑なため、革の仕上がりまでに5か月ほどかかるのです。そのようにして完成した革はその丈夫さゆえにとても固く、縫製までもが難しく、熟練職人の技術がどうしても不可欠となっています。
ブライドルレザーで作った革長財布は、初めは革表面に少しだけ白い粉が吹いたように見えますが、これは革に染み込んだ蜜蝋で少しも気にすることはありません。使えば使うほど革の表面に不思議なことに光沢がでて、優雅な風合いある革長財布に変貌してゆくのが特徴です。
次はコードバンレザーです。コードバンレザーはスペインが発祥で、毎年極少量生産される農耕馬のおしりの革です。馬のおしりと言えば鞭で打たれる部分がゆえに、その強度には相当仰天します。他には、数が少ないことが希少価値を生み、「革のダイヤモンド」と呼ばれています。
牛革のほぼ3倍ほど強度があると聞いていますが、その革質は牛革と比べると柔らかく弾力がありとても縫製しやすいと言われます。
コードバンレザーを素材とする革長財布は、手に取った感触も軟らかで高級感を感じますが、その耐久性はうかがい知れません。革の表面には蜜蝋を吹きつける加工が施されていますので、長く使うほど光沢感が出て個性的な逸品に変貌をとげるのが特徴です。
ラストはマットーネレザー。マットーネレザーはイタリア生まれで、生まれてから6か月以内の仔牛の皮を使用して加工をした、とても軟らかな質感の革です。その製造過程は昔ながらの伝統的なもので、植物由来のタンニンでなめしたあと、時間と労力をかけて天然オイルを染み込ませています。そして、卵白由来のカゼインを使用して加工することで、革表面に特徴的な光沢とつやを出します。
実は途中までの同様の革の加工で、最後に革にさらに柔らかさを持たせるためにほぐし加工を追加して、表面がシワのように見えるたくさんのシボが特徴的な革はミネルバボックスと呼ばれます。
マットーネレザーを素材とする財布は、柔らかく弾力のある手触りと革表面の適度なシワが持つ手になじみます。使ってゆくほど革の繊維がやわらかくなりこれがシワとなり、そもそも持ち合わせる光沢に加えて、特有の光沢を放つ醍醐味ある逸品に変貌するのが特徴です。
機能的スタイリッシュで喜ばれる革長財布のバレンタインプレゼントならココ