全てのゴミが一瞬で蒸発して、環境改善にもなってしまう!?
不思議な不思議な魔法の素粒子工学の始まりです!
原発が何故、不要であるか?
それをここでお話します。

この魔法と呼ばれる現象を可能にするのはプラズマという粒子の集まりが成すこの地球と言う神からの贈り物から得ています。

福島原発事故の際も、小生達が放射性物質と放射線の拡散を減衰させオゾン化したシステムもこの星の贈り物であるプラズマでした。

その贈り物で東日本と関東は死の街から救われました。

今回は温度が10000℃以上にも達するプラズマエネルギーを活用して、日本中のあらゆるゴミや有害物質を、迅速且つ安全に処理する技術を使おうとの提案です。

勿論、これは今迄封印されていた核融合にも紐付きます。
不可能と言われていた核融合発電所も創ることが出来るのです。
そして、その燃料は普通の水です。