正直、本来の格闘技だのなんだのと言う面で言えば、この辺の怪我は
ありな感じがするんだよな。

ただ、女子プロレスがショーアップされた格闘技ショーだという事はあるので
だとすれば、この大怪我ってのはショーの範疇ではない、という面もでる、
てな事かもしれない。

ただ、総合格闘技の方を見ると、結構酷く怪我をしてるのはあるんだが、
命に別状は無いように、止めることもあるからな。

今回の件はまず、教育がどうのこうの、ではなく男女問わずプロレスてなんだ?
の事から話しを始めるしかないんじゃないかな?

格闘技としての認識があるのだとすると、怪我をしない技術を教える事も
必要になってくると思う次第なんだけれど、そうではなくショーである、となると
今度はWWEの方向性を目指さないといけない。

ぶっちゃけ、ショーならばキャットファイトほどの華が無いって現実もあるから
本気の格闘技に進化するのも手じゃないかな?