結婚する前は好きな人といつも一緒にいられてどんなに幸せなことなのだろうと思っていました。

結婚生活が長くなると少しずつ厳しい言葉が目立ちます。相手の嫌なところも見えてくるし、年齢を重ねていると自分たちのペースは変えられない。

それでも、傷つきやすいデリケートな相手ににストレートな言葉を投げかけると出すのは止めました。

結婚とは常に我慢の連続。子供たちが少し大きくなってからまた2人の生活に戻るのですから、喧嘩ばかりしても楽しくない。

それなら自分たちそれぞれが自立してたまに時間を共有すること、それが結婚生活の目標です。

イケメンと結婚することよりも、お互い我慢できる存在と結ばれることの方が、遥かに重要に思えているこの頃ですね。