言葉の裏返しを平気でしているジャーナリストも然り。
上記の要因に加え、数字云々以前にもはやテレビ自体から国民は離れているという
実態を無視した発言であり、それをたった一晩の番組で呼び戻すこと自体土台
無理があるということをわかっていないというこの芸能ジャーナリズムのレベルにも、
ある意味じゃその一端があるように思えてなりませんね。
テレビ離れを起こしてしまった片棒を担いでいるのは、半ば品性下劣な報道を垂れ流す
芸能ジャーナリズムでもあるというのに。

兎にも角にも、このサプライズを受諾した矢沢氏本人には何ら攻められるものは
ないでしょうし、それを懇願し演出したNHKも同様でしょう。
一方で、今後こうした現状に疑問を感じるのであれば、そうさせない、自然な形で
世相やその年の音楽・タレントが電波に乗るような素材を、業界自身で
ちゃんと作り出すのが先決なんじゃないですかねぇ。

このままではサザンや小田和正など、これまで紅白に背を向けて来た人までなし崩し的に
単なる視聴率の道具にされてしまう状態になってしまうと思いますね。
いや、それを見たいファンもいることは確かでしょうが、
上にも書いたように、紅白に関しては神格化したアーティストの姿を変えないというのも、
一方でのファンに対するある種の 『礼儀』 に似たものがある気がしますけどねぇ・・・・・。