先日のアップルの iPhone 6s / iPhone 6s Plusの発表で、
iPad Proのスタイラスというものも発表された。

その名称は「Apple Pencil」。
動画がネット上で転がっているので見てほしい。

iPad Proと一緒に発表しただけで、
Apple PencilはiPad Proの付属品ではない。
iPad Pro本体とは別に購入するようだ。

動画を見る限りではすごいパフォーマンスを持っている様子。

Apple PencilをiPad Proの画面にほぼ垂直に立てた状態で、
スラスラ動かしても、その線の表示にタイムラグがほとんど感じられない。
めっちゃクチャ早く動かすという場面が無かったので、
その場合はどうなのか不明。

このApple Pencilを画面に対して45度に寝かせると、
線の太さが太くなる。寝かせながら動かすと、
幅の広いままの線が書けるが、少しずつ立てながら線を引くと、
漢字でいうところのハライが書ける。
画面に対して15度くらいに倒して線を引けば、
もっと太い線が書けるのだ。

iPad Proをメモとして使用している方々には、
Apple Pencilはおススメということだ。

そのほかの使い道で、デッサンや造形画といったことも描けそうですし、
習字風の文字もかける。とはいってもハライをカスレにすることが
できるのかどうかは定かではない。