子供部屋を見直そう

ロフトを作ってみよう

50万円から70万円の費用があれば、子供部屋のリフォームができます。
これから何年も使用する部屋ですから、快適な生活を送れるように工夫しましょう。
小さな住宅では、必然的に子供部屋が狭くなってしまいます。
子供はそのことに、不満を抱いているかもしれませんね。
ですがロフトスペースを作ると、上にも空間ができるので狭さを感じなくなります。

荷物をロフトスペースに収納してもいいですし、寝る場所にしてもいいですね。
ロフトスペースはいろんな使い方ができるので、子供部屋に作るのがおすすめです。
子供は学習用品などで、荷物が常に増える傾向が見られます。
綺麗に整頓できないと、大事なものを失くしてしまうので困ります。
収納スペースを確保しましょう。

部屋を2つに分ける方法

小さい頃は、兄弟兼用の部屋でよかったと思います。
ですが成長すれば、お互いのプライバシーが気になります。
ずっと兄弟兼用の子供部屋にするのは、おすすめできません。
小学生になるぐらいから、個人の部屋が必要になります。
しかし新しく部屋を作るのは、増築をしなければいけないので莫大な費用が必要になります。
今ある子供部屋を、2つに分けるのがおすすめの方法です。

壁を作れば、半分に分けられます。
プライバシーが守られるので、子供も満足するでしょう。
80万円前後でリフォームできるので、増築するよりも安い費用で済ませられます。
まだ子供が部屋を欲しがっていなくても、小学生に上がったタイミングでリフォームをしておきましょう。


この記事をシェアする